仕事を辞める時に必要なこと

 転職をする上で一番大変なのは転職先探しですが、それよりも重要なのが今の会社をどうやって辞めるかです。転職ですから今の会社は辞める必要があります。そこで問題を起こせば、転職先に迷惑がかかるだけでなく、狭い日本で仕事がしにくくなります。東京内で転職すれば職種によっては顔を合わせることもあり得ます。

 

 会社を辞めるコツはいくつかあります。まずは「辞めます」とはっきり伝えること。仕事を辞めるのですから、余計な理由や勘違いされるような曖昧な返答は危険です。はっきりと自分の意思を表明して、自分の立ち位置を明確化します。

 

 もう一つは転職先の情報は話さないことです。転職するのですから「どこへ行くのか」と聞かれることも想定できますが、余計な情報は一切話さないことが原則ですから、転職先情報は伏せて「今は検討中です」と言っておくのが無難です。

 

 転職理由を話さないことも必要です。転職理由の大半は今の仕事に不満を持っていることが多いですが、そのことを面と向かって話す必要はなく、「一身上の都合」が一番無難ですし、例えば「将来的には海外に出たいので留学します」などでも良いです。

 

 ただ、あまり余計な嘘をつくと自分に返ってきますから誇張しすぎずに、それでいて余計なことは話さずに「察してくれ」というオーラを出します。

 

 前の職場の悪口は一切しない方が良いです。面と向かっても、転職先でもネガティブな情報を話す人材を会社はよく思いませんから余計なことを話さず「終わったこと」として新しい仕事に専念します。



このページの先頭へ戻る